あらゆるものがデジタル化されてきた今、ITを介したトランザクションはすべて、ログとして残るようになっています。使うか使わないか分からないけれども、とにかく溜まっていくログですが、分析ツールやBI(ビジネスインテリジェンス)ツールなどと組み合わせることで、新たな価値を生み出します。ログは、視点さえ明確にもって解析すれば、自ずといろいろ“語り出す”のです。本連載では、ログの本質をつかむと同時に、ログ活用の最新動向を解説します。

目次

第1回 ログって、そもそも何?
第2回 過去ログの“証拠力”と生ログの“予測力
第3回 金融犯罪に向け変わるサイバー攻撃の姿