PR

問題

問60 ユーザ受入れテストの監査において、指摘事項に該当するものはどれか。

ア システム部門だけでテストを行い、テスト結果をその責任者が承認した。

イ 当該業務に精通したユーザが参画してテストを行った。

ウ ユーザ受入れテストの実施環境は本番環境と隔離させた。

エ ユーザ要求をすべてテスト対象としたテストケースを設定した。

解説と解答

 ユーザー受け入れテストは、出来上がったシステムが仕様どおりに不具合無く動作するかどうかを検証するテストです。最終段階のテストであり、ユーザーが業務などで実際に使用するデータや操作方法を使って行われます。検収テストと呼ばれることもあります。

 ユーザーの参画が前提ですので、アのシステム部門だけのテストは、監査時の指摘事項に該当するでしょう。正解はアです。

 その他の解答群についても検証しておきましょう。

イ:業務に精通したユーザーの参画は望ましいことです。

ウ:テストの実施環境は本番と同様である必要がありますが、隔離することに問題はありません。

エ:ユーザー要求をすべてテスト対象とすることは、問題ありません。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。