PR

問題

問63 SOAを説明したものはどれか。

ア 企業グループ全体の業務プロセスを統合的に管理し、経営資源を有効活用することによって、経営の効率向上を図る考え方のことである。

イ 業務の流れを単位ごとに分析し整理することによって問題点を明確化し、効果的に、また効率よく仕事ができるように継続的に改善する管理手法である。

ウ 再利用可能なサービスとしてソフトウェアコンポーネントを構築し、そのサービスを活用することで高い生産性を実現するアーキテクチャである。

工 自社の業務の一部を、業務システムだけでなく業務そのものを含めて、企画から運用までを一括して外部企業に委託することである。

解説と解答

 SOA(Service Oriented Architecture)は、ソフトウエアの機能を顧客に対するサービスの集まりとしてとらえた概念で、共通のプラットフォーム、プロトコル、再利用可能なコードなどを基盤としたITアーキテクチャです。SOAを適用したシステムの特徴として、アプリケーションの機能の再利用が容易になり、システムの変更に対して柔軟に対応できるようになることが挙げられます。以上のことから正解はウです。

 その他の解答群についても検証しておきましょう。

ア:ERP(Enterprise Resource Planning)に関する記述です。

イ:BPM(Business Process Management)に関する記述です。

エ:アウトソーシングに関する記述です。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。