PR

問題

問64 非機能要件の定義に該当するものはどれか。

ア 業務を構成する機能間の情報(データ)の流れを明確にする。

イ システム開発で利用する言語に合わせた開発基準、標準を作成する。

ウ システム機能として実現する範囲を定義する。

工 他システムとの情報授受などのインタフェースを明確にする。

解説と解答

 機能要件が、アプリケーションに求められている機能そのものであるのに対し、非機能要件は、それ以外のすべての要件を指します。具体的には、管理性、運用性、保守性、可用性、信頼性、キャパシティとパフォーマンス、セキュリティ、経済性などです。選択肢の中では、イの「開発基準、標準」はシステムの機能そのものではありません。したがって、正解はイです。その他の選択肢は機能要件といえます。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。