PR
津波によって外壁が消失するほどの被害を受けた岩手県内にあるNTT東日本の通信ビル「鵜住居(うのすまい)ビル」
津波によって外壁が消失するほどの被害を受けた岩手県内にあるNTT東日本の通信ビル「鵜住居(うのすまい)ビル」
[画像のクリックで拡大表示]

 3月11日に発生した東日本大震災では、電力など他の社会インフラと同様に、固定電話やアクセス回線、携帯電話網といった通信インフラでも大きな被害が発生している。例えばNTT東日本の場合、東北3県(岩手県、宮城県、福島県)を中心とする被災地エリアにおいて、震災後に最大で約145万に上る回線サービスが利用できない状態に陥った。

 電波を利用する携帯電話やWiMAXなどのサービスも、音声やパケットを中継する基地局が震災でダメージを受ければ、やはり利用できなくなってしまう。実際に、震災発生直後には東北および関東地方を中心に、多数の基地局で故障や電源断などによるトラブルが発生、サービスを提供できなくなっている。

 携帯電話の場合、震災発生翌日の12日時点で、NTTドコモでは東北および関東甲信越地域で合計6720局、KDDI(au)では東北6県で合計1933局、ソフトバンクモバイルでは同じく東北6県で3300局弱がサービスを提供できない状態に陥ったという(数字は各社の発表資料より引用。数え方などは各社の基準に基づく)。

 これほどのダメージを受けた通信インフラだが、通信事業者各社が急ピッチで復旧作業を進めた結果、わずか2週間ほどで各社とも全体の9割前後が復旧するまでに至っている。津波によって通信ケーブルが完全に切断されたり、局舎や設備が跡形もなく消失したケースがあったりすることを考えると、驚くべき復旧ペースといえる。

 ただし、復旧作業はこれから正念場を迎える。残された1割前後を含めて回線やサービスを完全復旧させるには、様々な困難が伴うと予想されるからだ。震災発生後からこれまで、通信インフラがどのように復旧してきて今どのような状況にあるのか、関連するニュース記事をピックアップした。

【大震災による被害のすさまじさが写真で分かるニュース】
NTT東日本が岩手県内通信ビルの被災状況写真を公開、外壁が消失した局舎も

「これまでに例が無い規模の被害」、ドコモが震災による被害と復旧状況を説明

NTT東が被災ビルの復旧事例公開、伝送路の迂回や収容替えなどの手法駆使

【震災発生後数日間は多数の通信サービスが利用不可能だった】
NTTコムが最新被害情報、東北で多数の電話/通信回線が利用不能に

宮城と岩手の電話や専用線は復旧進むもいまだ不通多数、NTT東

【3月20日以降はかなり復旧が進むが、完全復旧まではまだ遠い】
NTT東の被災地域通信サービス、約9割が復旧するも完全復旧には相当期間を要する見込み

ソフトバンクモバイル、23日現在で573基地局が停止中、復旧未定

イー・モバイル、東北3県の一部で24日現在も基地局停止

ソフトバンクBB、東日本大震災で東北3県になお通信障害

NTTグループが被災状況発表、固定通信は4月末までに全ビル復旧目指す

【NTTグループではNTT西日本も被災地域のサービス復旧を支援】
NTT西日本も被災地の通信サービス復旧を支援、工事車両約30台などが敦賀港から現地へ