PR

問題

問72 ディジタルディバイドを説明したものはどれか。

ア PCなどの情報通信機器の利用方法が分からなかったり、情報通信機器を所有していなかったりして、情報の入手が困難な人々のことである。

イ 高齢者や障害者の情報通信の利用面での困難が、社会的・経済的格差につながらないように、だれもが情報通信を利活用できるように整備された環境のことである。

ウ 情報通信機器やソフトウェア、情報サービスなどを、高齢者・障害者を含むすべての人が利用可能であるか、利用しやすくなっているかの度合いのことである。

工 情報リテラシの有無やITの利用環境の相違などによって生じる、社会的又は経済的格差のことである。

解説と解答

 ディジタルディバイド(Digital Divide)とは、パソコンやインターネットなどのIT(情報技術)を使いこなせる者と使いこなせない者との間の格差のことを言います。日本語では「情報格差」と翻訳されることもあります。

 したがって、正解はエです。

 その他の解答群についても検証しておきましょう。

ア:「情報弱者」と呼ばれる人々に関する記述です。これらの人々と、情報技術を使える人々との間に生じる格差がディジタルディバイドです。

イ:情報バリアフリー環境に関する記述です。

ウ:アクセシビリティに関する記述です。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。