売り上げデータなどを分析しても、効果的な販売促進策が直ちに分かるとは限らない。だがデータを高度に活用することで、効果的な施策を具体的に決められるネット販促手法がある。ホテルなどが取り組む「レベニューマネジメント」は、ある時点の売れ行きに応じて価格やメニューを変化させる手法だ。クーポンやダイレクトメールといった施策が効果的な顧客像を見いだそうと、携帯電話や交通系ICカードを通じて得られる「ライフログ(行動履歴)」から消費者の行動パターンを分析した事例も出ている。

出典:日経情報ストラテジー 2009年9月号、2009月8月号

目次