PR

 東日本大震災で携帯通信サービスが麻痺する中、TwitterやFacebookなどのソーシャルサービスが安否確認や情報交換に活躍した。ネットを通して提供されるクラウドサービスも復興支援に一役買っている。こうしたネットの底力を、震災関連ニュースから読み解く。

目次