PR

 米Apple社が米国で2011年3月11日に発売した新型タブレット端末「iPad 2」。日本では東日本大震災の影響で発売時期は未定になっているが、日経エレクトロニクスではこの製品をいち早く米国で入手し、分解を行った。初代iPadにはなかったホワイト・モデルである。

初代iPad(左)とiPad 2(右)
初代iPad(左)とiPad 2(右)
液晶ディスプレイの大きさは同じであり、正面から見ると違いはほとんどない。iPad 2の上部中央にはカメラが付いているのが分かる。

 実際に持ってみた第一印象は、「軽い」というよりも「薄い」ということだった。初代iPadでは背面が丸みを帯びていたのに対し、iPad 2は背面が平らで、しかも縁がくさび状になっている。実際の厚さはiPadが13.4mmなのに対し、iPad 2は8.8mmだが、感覚としては厚さが半分になったかのようだった。

初代iPad(左)とiPad 2(右)の背面
初代iPad(左)とiPad 2(右)の背面
iPadは丸みを帯びていたのに対し、iPad 2は平らになっている。

 機能面での最大の違いは、前面と背面に一つずつカメラを搭載したことだ。それに合わせてカメラ関連のアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)も標準で搭載されている。例えば、カメラに映った映像に対してリアルタイムでさまざまなエフェクト処理を施し、それらのサムネイルを画面に同時に表示するアプリが用意されていた。画面の広さを生かしたアプリだと言える。

前面ガラスをこじ開けようとしているところ
前面ガラスをこじ開けようとしているところ
この判断が大きな誤りだった。
[画像のクリックで拡大表示]

 ひと通り触ったところで、いよいよ分解開始だ。分解作業の参考にするため、以前分解した初代iPadも持ち込んだ。初代iPadでは、前面のガラスの裏面が樹脂製のフレームで補強されており、このフレームがAl合金製の筐体にはめ込まれていた。iPad 2もこの構造になっていると考え、ドライバーを使って前面のガラスをこじ開けることにした。

 だが、この判断が大きな誤りだった。

その2に続く)