PR
背面カメラ・モジュール基板(右)と、メイン基板との間を結ぶケーブル(左)
背面カメラ・モジュール基板(右)と、メイン基板との間を結ぶケーブル(左)
この基板の上端に背面カメラ・モジュールが取り付けられている。ケーブルには、ロック機構を備えたコネクタを持つ細線同軸ケーブルを採用している。
[画像のクリックで拡大表示]

 iPad 2の内部構成では、左右非対称であること以外にも不可解な点があった。背面カメラ・モジュールを搭載した基板とメイン基板が遠く離れており、筐体内部を横断するようにケーブルで接続されていたことだ。日本メーカーの製品であれば、ケーブル長をなるべく短くするために、カメラとメイン基板は近くに置くのが普通である。外観デザインや「背面カメラによる撮影時にカメラが右側にあること」にこだわったのかもしれない。

 ケーブルには、通常のフラット・ケーブルではなく、コストが掛かっていそうな細線同軸ケーブルが使われていた。ケーブルが長くなった分、カメラへの雑音の影響が大きくなるのを抑えるためではないか、と技術者は推測する。

背面カメラ・モジュール基板の下端にある二つのチップ
背面カメラ・モジュール基板の下端にある二つのチップ
上が3軸角速度センサ、下が3軸加速度センサだと思われる。
[画像のクリックで拡大表示]

 背面カメラ・モジュール基板の不可解な点は、メイン基板から離れていることだけではない。実は、メイン基板には搭載されていなかった加速度センサと角速度センサ(ジャイロスコープ)は、背面カメラ・モジュール基板の下端に搭載されていたのだ。

 なぜ米Apple社がこのような構成を採用しているのかは謎である。考えられるとすれば「薄さへのこだわり」だろう。筐体の中央部はLiポリマ2次電池が占めているため、ここに角速度センサを置こうとすると、どうしても厚みが出てしまう。ただし、それであれば角速度センサをメイン基板に搭載してもよかったはずだ。

 今回のiPad 2の分解では、Apple社の設計思想が日本メーカーのそれとは明らかに違うことが見て取れた。おそらく、同社特有の美意識に従ってさまざまな特徴や機能の優先順位が決まっており、それを実現することを最優先した構成になっているのだろう。従来の「コスト重視や(仕様上の)機能重視」の考え方で開発された製品が、このような製品と果たして互角に戦っていけるのか、考えさせられた分解だった。

 なお、分解の詳細については、日経エレクトロニクス2011年4月4日号のNEレポート「新型タブレット『iPad 2』を分解、薄型化の秘密は両面テープ」に掲載した。併せてお読みいただければ幸いである。