PR

 前回の第2回では、これまでにない新しいプレゼンテーションツールPrezi(プレジー)のユーザー登録と公開されているプレゼンテーションを参考にするところまで解説しました。今回は実際にプレゼンテーションを作りながら、Preziの編集機能を説明してみたいと思います。

新しくプレゼンテーションを作成する

 まずプレゼンテーションを作成するためにprezi.comにアクセスして、ログインをしましょう。その後ホーム画面の上部にある[Your prezi]をクリックします。Your preziの中には作成したプレゼンテーションがどんどん蓄えられていきます。もちろんユーザー登録を済ませたばかりの段階ではYour preziの中身は空っぽです。そこで[New prezi]をクリックしてプレゼンテーションを新規に作成します(図1)。

図1●プレゼンテーションを新規作成するために[New prezi]をクリック
図1●プレゼンテーションを新規作成するために[New prezi]をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 ボタンを押すと新しいプレゼンテーションにつけるタイトルと概要を入力するポップアップが表示されるので、入力を済ませたら改めて「New prezi」ボタンを押します(図2)。ここで入力したタイトルや概要は、後から自由に編集することが可能です。

図2●タイトルと概要を入力
図2●タイトルと概要を入力
[画像のクリックで拡大表示]

 作成ボタンを押すと図3のようにPreziの編集画面が表示されます。

図3●Preziの新規プレゼンテーションの編集画面
図3●Preziの新規プレゼンテーションの編集画面
[画像のクリックで拡大表示]

 これがPreziのキャンバスでありプレゼンテーション画面でもあります。右側には表示領域を拡大したり縮小したりするボタンが見えますが、Preziには「標準サイズ」や「画面の上下」がありません。これがPreziのもっとも大きな特徴とも言えるものですが、私たちはキャンバスに好きな大きさ、好きな角度で文字を書いてよいのです。右側にあるメニューと同じ効果は、マウスのホイールをくるくると回すことでも得ることができます。上に回せばズームイン、下に回せばズームアウトします。またキャンバスの無地のところをドラッグして動かすことで、キャンバスそのものをスライドさせることができます。