PR

 「コンピューターの簡単操作センター」の画面は、大きく3つのエリアで構成される(図1)。1つ目が「共通ルールへのクイックアクセス」、2つ目が「推奨案を提示するウィザードへのリンク」、そして3つ目が「全ての設定を検索します」と表示された各種設定へのリンクだ。

図1●「コンピューターの簡単操作センター」<br>[Windows]キーと[U]キーを同時に押したり、コントロールパネルなどから呼び出せる。
図1●「コンピューターの簡単操作センター」
[Windows]キーと[U]キーを同時に押したり、コントロールパネルなどから呼び出せる。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回の「コンピューターの簡単センターを使う(前編)」では、1つ目の「共通ルールへのクイックアクセス」から、「拡大鏡」「ナレーター」「スクリーンキーボード」といった、ハンデキャップをもったユーザー向けのツールを紹介した。今回は、残りのエリアから「コンピュータを使いやすくするための設定」に関する部分を紹介していく。