PR

 米IT主要企業の1~3月期決算が出そろった。米Googleと米Intelの売上高は四半期ベースで過去最高となり、米Apple、米Microsoftを含めた4社の純利益は1年前から大きく増加した。中には米Amazon.comなど、コストが膨らんで利益を減らした企業もあったが、全般的に景気回復の恩恵を受け、各社の業績は好調だった。そうした中、Appleの業績がいくつもの記録的数値を出し、話題を呼んでいる。

iPhoneの収益、売上高の半分に

 1~3月期におけるAppleの売上高は1年前から83%増の246億6700万ドル、純利益は同95%増の59億8700万ドルとなり、売上高、純利益ともに1~3月期として過去最高を更新した。一方Microsoftが発表した同じ時期の決算は、売上高が164億2800万ドル、純利益は52億3200万ドルだった。Appleは昨年7~9月期に売上高でMicrosoftを抜いていたが、今回初めて純利益でも同社を抜いた(図1)。

図1●MicrosoftとAppleの売上高、純利益の推移(2007年1~3月期から2011年1~3月期)
図1●MicrosoftとAppleの売上高、純利益の推移(2007年1~3月期から2011年1~3月期)

 そのAppleを今支えているのは「Mac(Macintosh)」でもなく「iPod」でもない。「iPhone」である。その販売台数は1865万台と、1年前に比べ2.1倍となり過去最高を記録。その収益は122億9800万ドルで、実に同社全売上高の49.86%を占めた。これまでiPhoneの売上高全体に占める割合はおおむね30~40%で推移していたのだが、ほぼ半分にまで拡大したのは初めてのことだ(図2)。

図2●Appleの製品別収益比率(2011年1~3月期)
図2●Appleの製品別収益比率(2011年1~3月期)

 1~3月期の製品販売台数は年末商戦のある10~12月期から減少するのが通例で、今回の決算でもタブレット端末の「iPad」やMacなどは前期比減となっている。ところが、iPhoneは15%増と高い伸びを示している(図3)。

図3●iPhone販売台数推移(2007年4~6月期から2011年1~3月期)
図3●iPhone販売台数推移(2007年4~6月期から2011年1~3月期)

【関連記事】
Appleの2011年1~3月期決算、純利益95%増、iPhone販売2.1倍に
Amazon.comの2011年Q1決算、コスト増で純利益が3割減に
Googleの2011年Q1決算、売上高が過去最高なるもコスト増加