PR

 2011年5月10日と11日の2日間、米国サンフランシスコでGoogle I/Oの開発者会議「Googele I/O 2011」が開催された(ITproのGoogle I/O関連記事)。Android女子部 副部長であり、図書館の蔵書予約アプリ「Libraroid」や「Suica Reader」(関連記事)の作者である筆者が開発者目線でレポートする。

写真●Google I/O会場の入り口。大きなGoogle Placeの看板が目を引く
[画像のクリックで拡大表示]
写真●前日のレジストレーション会場。レジストレーションはバーコードリーダーが取り付けられたGoogleのChromebookを使って参加者自身で行う
[画像のクリックで拡大表示]
写真●初日のキーノート会場前で開場を待つ参加者。キーノート会場がある3階はAndroid一色
[画像のクリックで拡大表示]

 昨年のAndroidの急成長と多くのアップデートを経て、もうGoogleがAndroidでやることはないのではないか、と思っていた人もいるかもしれない。しかし、Googleは今年もちゃんとサプライズを用意していた。さすがGoogleである。