PR

 IFRS(国際会計基準)が経営に対して与えるインパクトの中でも、範囲が大きく、かつ具体像が見えにくいのが業務プロセスあるいは内部統制に対する影響です。販売や購買、固定資産、研究開発、決算・財務報告など主要な業務プロセスごとに、多くの企業に共通するとみられるIFRSが内部統制に与える影響と対応策を説明していきます。

 これから本格的にIFRS対応プロジェクトを始めようとしている企業も多いと思います。IFRSと内部統制・業務プロセスとの関連についての全体像を理解するために、ぜひ役立ててください。



IFRSが経営に与える三つの影響

販売プロセスに与える影響(1)収益認識

販売プロセスに与える影響(2)複合契約

購買・在庫管理プロセスに与える影響

固定資産プロセスに与える影響(1)コンポーネントアプローチ

固定資産プロセスに与える影響(2)借入費用・資産除去債務

固定資産プロセスに与える影響(3)借入費用・資産除去債務の実務上の勘所

固定資産プロセスに与える影響(4)減損会計

研究開発費プロセスに与える影響(1)開発費の資産化

研究開発費プロセスに与える影響(2)資産化によるインパクト

決算・財務報告プロセスに与える影響(1)見積もり・判断

決算・財務報告プロセスに与える影響(2)決算早期化

決算・財務報告プロセスに与える影響(3)決算早期化プロジェクト

J-SOXへの影響を見落とさない(前編)

J-SOXへの影響を見落とさない(後編)