PR

 3.11以降1カ月間の事業継続への取り組みには、危機に強い組織の在り方を学ぶことができる。例えば、経営者のリーダーシップ、BCPの有効性、優先順位付けのための情報活用力などだ。そこで第1~第3回では仙台市に本社を置くアイリスオーヤマ、ヤマト運輸、大林組のケーススタディを順に紹介し、第4~第5回はQ&A形式でマネジメントの工夫を解説する。

目次