PR

 Windows Virtual PCの仮想マシンには、3つの実行モードが存在します。「統合機能を無効にする」「統合機能を有効にする」「仮想アプリケーション」の3つのモードです。通常は、「統合機能を有効にする」または「仮想アプリケーション」のいずれかのモードで利用します。

仮想マシンの3つの実行モード

 「統合機能を有効にする」と「仮想アプリケーション」モードでは、仮想マシンを開始してもゲストOSの起動画面が表示されません(図8)。また、保存された資格情報を用いて自動ログオンするため、ログオン画面も表示されません。

図8●「統合機能を有効にする」モードでは、ゲストOSの起動画面やログオン画面が表示されない
図8●「統合機能を有効にする」モードでは、ゲストOSの起動画面やログオン画面が表示されない
[画像のクリックで拡大表示]

 「統合機能を無効にする」モードに切り替えると、ゲストOSの起動画面も、ログオン画面も表示されます(図9)。この動作の違いの理由を知ることで、Windows Virtual PCのテクノロジの詳細を理解することができます。

図9●[統合機能を無効にする]をクリックすると、ゲストOSの起動画面やログオン画面が表示される
図9●[統合機能を無効にする]をクリックすると、ゲストOSの起動画面やログオン画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]