PR

 設計以降の工程には標準化されたプロセスがあるのに、要件定義についてはきちんと手順が決まっていない開発現場が少なくない。本書は、成果物と手順の観点から、要件定義に必要な知識やスキルを解説している。問題を把握するための業務分析、解決策を決めるための業務設計に加えて、ヒアリングや合意形成のやり方についても詳しく説明。巻末には要件定義書のサンプルを収録する。

手戻りなしの要件定義 実践マニュアル

手戻りなしの要件定義 実践マニュアル
水田 哲郎著
日経BP社発行
2940円(税込)