PR

 不況下で構造変化が進む日本のIT業界。一部に元気なIT企業もあるが、多くは今年度の業績予想もままならぬような混迷に直面している。大手のNECや富士通も例外ではない。IT業界と主要各社の動静を追い続けているコラム『田中克己の針路IT』から、NECと富士通に関する記事をピックアップした。

NECに物申す

自己変革できないNECに、再生をかけた最後のチャンス!

NEC遠藤社長が中期経営計画V2012に込めた意志

「2012年度にクラウド事業1100億円」、NEC常務が意気込む理由

具体策見えない、NECの再生計画

「3倍の見込み案件作りが目標達成の必須条件」、NECの岩波常務

NEC再生の第一歩は社内のシンプル化

技術者がチャレンジ精神を失ったら---小林一彦・NEC顧問の危機感

10年ビジョンで売上高5兆円の呪縛は解けるか、NEC矢野社長

富士通への眼差し

「売上高5兆円にこだわっていない」、富士通社長の強気な発言

富士通が再び挑む、中堅企業市場の開拓

「サービスに軸を置く」、富士通・山本社長の方針転換

「世界サーバー市場でトップ3」と意気込む富士通、その実現性は?

富士通15代社長人事に思う

富士通の医療部隊が推進するノン・カスタマイズ作戦

富士通の構造改革はいったい誰がやるのか

富士通の悩みの種、顧客満足度の向上に取り組む

野副・富士通社長、欧州再編の深謀