PR
ジャンル ビジネス
アプリ名 送信予約メールFree
作者 イントリニティー
料金 無料
ダウンロード先
送信する日時を設定して、メールのタイトルと本文を書いて、メニューから「送信予約」を選ぶ。これで自動的に設定時刻にメールが送られる

 携帯電話にメールをするときや、海外にメールを送るとき、時間を気にしなければならないことがある。プライベートな時間に仕事のメールが来ることも以前よりは日常化しているので、こんな時間にと思うことは減った。それでも、夜中のケータイ着信音に飛び起きてみたら「明日の朝でもいいだろ!」と突っ込みたくなるような業務メールに、安眠を妨害されることも皆無ではない。送る方は今送らないと忘れてしまうと思うのだが、受ける方にはいい迷惑というすれ違い。「送信予約メールFree」は、そんなすれ違いを埋めてくれるツールだ。

 予約した時刻にメールを自動的に送信してくれる――。このアプリの機能はそれに尽きるのだが、なんと使い道の幅が広いアプリであることか。深夜に書いたメールを翌朝送信に指定すれば相手をたたき起してしまう不幸はなくなるし、海外へも時差を勘案したメールが送れる。明日の自分あてに備忘録的な使い方をしてもいいし、飲み会のリマインダーメールなどなら店を予約した時点で作成して送信予約してしまえば安心だ。メールで粗相をしがちな人は、普段から送信予約メールで時差送信を心がけておくといいだろう。夜中に“熱い”気持ちで打ってしまったメールでも、翌朝の冷静な気持ちで読み返すことができれば、送信予約を取り消して事なきを得るかもしれない。