PR

 各社のスマートフォンは、大型のタッチパネル液晶を据えたフラットな形状のボディーに、黒を中心とした落ち着いたカラーリングをまとったデザインがほとんど。「どの機種も見た目が変わり映えしない」との不満の声がよく聞かれる。スマートフォンに対するこのような認識を覆す「INFOBAR A01」がKDDI(au)のデザインブランド「iida」の新機種として発表され、注目を集めている。

 デザインは、8年前に発売された初代「INFOBAR」と同じく、プロダクトデザイナーの深澤直人氏が手がけている。スマートフォンにとって重要なタッチインターフェースは、Webデザイナーの中村勇吾氏の手によるものだ。

auの人気シリーズ「INFOBAR」が、3年半ぶりに復活! iidaブランドとしては初のスマートフォンとなるだけに、早くも注目が高まっている
auの人気シリーズ「INFOBAR」が、3年半ぶりに復活! iidaブランドとしては初のスマートフォンとなるだけに、早くも注目が高まっている
[画像のクリックで拡大表示]

見た目だけではない! 充実したスペックにも注目

本体は、ボタンやディスプレイ周りの額縁まで全体に丸みを帯びたデザインに仕上がっている。液晶は3.7型のQHD(960×540ドット)で、シャープ独自のモバイルASVパネルを搭載する
本体は、ボタンやディスプレイ周りの額縁まで全体に丸みを帯びたデザインに仕上がっている。液晶は3.7型のQHD(960×540ドット)で、シャープ独自のモバイルASVパネルを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 端末のカラーバリエーションは4種類で、ビジネス色の強い既存のスマートフォンとは一線を画したポップな色合いが特徴だ。INFOBARシリーズのアイデンティティを示す、大型の押しやすいボタンも搭載する。今後、スマートフォンの主な購入層となるエンターテインメント性重視のエントリーユーザー層にとって、とても魅力的なデザインに仕上がっていると言えよう。

 スペック面でも妥協はない。チップセットはQualcommの第2世代モデルのうち、高クロック版のMSM8655(1.4GHz)を採用。高解像度の3.7型QHD(960×540ドット)液晶と、LEDライト付きの805万画素CMOSカメラも搭載する。EZwebメールや赤外線通信、おサイフケータイのほか、制限付きながらワンセグにも対応しており、大半のユーザーが満足できる性能だ。

 OSは最新のAndroid 2.3を搭載する。通信機能は下り最大9.2Mbps、上り最大5.5MbpsのWIN HIGH SPEED、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、ワンセグ、GSM、Bluetooth(3.0+EDR)、GPS、おサイフケータイ、赤外線通信に対応。端末サイズは118mm×63mm×11.8mm、重量は113gだ。

 若干ながら、使い勝手で気になる部分も見受けられた。ヘッドホンやワンセグチューナーを利用するためには、本体のmicroUSB端子に接続するアンテナ兼用の変換アダプターが必要となる。わずらわしいと感じる人も多いだろう。

 バッテリー容量が1020mAhとやや控えめなのも気になる。とはいえ、チップセットや設計の省電力化により、同じシャープの旧モデル「IS03」(連続通話時間230分・連続待受時間200時間)と比べ、連続通話時間330分/連続待受時間220時間と動作時間は向上している。

カラーバリエーションは4種類。左から「HACCA」「KURO」「NISHIKIGOI」「CHOCOMINT」だ
カラーバリエーションは4種類。左から「HACCA」「KURO」「NISHIKIGOI」「CHOCOMINT」だ
[画像のクリックで拡大表示]
背面には805万画素CMOSカメラ、LEDライト、赤外線センサー、FeliCaセンサー、スピーカーを搭載
裏面はこのような感じ。カメラ部分の大きなアクセントと、バッテリーカバーの造形が印象的だ
[画像のクリックで拡大表示]
ベンチマークソフト「Quadrant Standard」の結果は1524。デュアルコアCPUを搭載するNTTドコモの「GALAXY S II」を除けば、ほかのシャープ製端末と同じく今夏トップクラスの性能だ
ベンチマークソフト「Quadrant Standard」の結果は1524。デュアルコアCPUを搭載するNTTドコモの「GALAXY S II」を除けば、ほかのシャープ製端末と同じく今夏トップクラスの性能だ
[画像のクリックで拡大表示]
端末右側面にはINFOBARのロゴがある
端末右側面にはINFOBARのロゴがある
[画像のクリックで拡大表示]
左側面には電源キー、音量キー、サーチキーを搭載
左側面には電源キー、音量キー、サーチキーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
端末下部にmicroUSB端子を搭載。ヘッドホンを接続するには、microUSB端子にワンセグ用アンテナを兼ねたアダプターを装着する必要がある
裏面はこのような感じ。カメラ部分の大きなアクセントと、バッテリーカバーの造形が印象的だ
[画像のクリックで拡大表示]