PR

 ユーザーの満足度をメーカー別に見ていく。対象は、アスーステック・コンピューター、NEC、エプソンダイレクト、ソニー、デル、東芝、日本エイサー、日本ヒューレット・パッカード、パナソニック、富士通、マウスコンピューター、レノボ・ジャパン。有効回答数が少なくランキング対象外だったオンキヨーや、Mac OSであるため対象外となったアップルについても回答の傾向を紹介する。

※端数処理のため、比率の合計が100にならない場合がある

アスーステック・コンピューター

平均で5万円を切る安さに支持

 平均購入価格は4万8000円と全メーカーの中で最も低く、コストパフォーマンスの満足度が6.39と高い。「コストを踏まえた上での製品完成度は高い」(40代男性)という意見が目立った。回答者の中では、実勢価格で約3万~5万円と低価格のネットブック「EeePC」を利用している比率が約66%と多かった。

 デザインの評価も高く、本体の柄やアルミの質感が好まれている。その一方で、性能に対する評価は低く、「処理スピードに難がある」(50代男性)という声があった。

[画像のクリックで拡大表示]
ココに満足
  • 5万円以下のモバイル機にしては性能が良く、コストパフォーマンスが高い(30代男性)
  • 天板やパームレストに使われているアルミの質感が高い(40代男性)
ココが不満
  • CPU性能が低く、メモリーも少ないため動きが遅くいらいらする(50代男性)
  • ネットブックなのにネットの利用時に頻繁にフリーズすることに閉口している(40代男性)