PR

 企業にとってスマートフォン市場への進出やサービス展開の際に、iOS(iPhone/iPad)、Androidのどちらをターゲットにすべきか、または各OSの市場にどのようにアプローチすべきかは、大きな課題の一つである。しかし、そのユーザー層の違いについて、データを基にした分析結果は、今まで多く存在しなかった。今回のアンケートでは、iOSユーザー/Androidユーザー別の意識や行動、気になる課金傾向や彼らの性格までを比較する。今後、企業がどのように各ユーザーにアプローチをすべきかヒントを得たいと思う。

 調査方法はスマートフォンのユーザーが、スマートフォンから回答する手法であるスマホリサーチ(関連記事)を利用。有効回答数は892件である()。

調査概要スマートフォンユーザーのゲーム・SNS利用に関する調査
主催モバイルマーケティング・ジャパン、ネットマイル
対象ユーザー「スマホリサーチ」パネル(共通ポイントプログラム「ネットマイル」会員約 450万名の中から抽出したスマートフォンユーザー)
調査期間2011年9月9日~12日
方式インターネット調査(回答はすべてスマートフォンから得たもの)
有効回答数892

iOSユーザーの方が利用時間が長め

 まず、スマートフォンユーザーは、1日あたりどのくらいスマートフォンを利用しているのかを見ていきたい(図1)。ユーザー全体でみると、「30分~1時間未満」「1時間~2時間未満」がボリュームゾーン。1日のうち睡眠時間を約8時間と考えると、起きている時間のうち約1/10はスマートフォンを利用していることになる。また、利用OS別にみると、iOSユーザーの方がAndroidユーザーに比較して利用時間が長めとなっている。これは、日本のスマートフォン市場の先駆けがiPhoneであり、ユーザー層としてスマートフォンに関するリテラシーが高く使い慣れている、などが原因と考えられる。

図1●スマートフォンの利用時間
図1●スマートフォンの利用時間

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料