PR
写真●東京・日本橋に拠点を置くエーモードデータセンターの外観。写真提供:エーモード
写真●東京・日本橋に拠点を置くエーモードデータセンターの外観。写真提供:エーモード
[画像のクリックで拡大表示]

 エーモードデータセンターは東京・日本橋にある。主に占有型レンタルサーバーとIaaS型の仮想化ホスティングサービスを提供する(写真)。特徴は、ファイアウォールをはじめとする4種のセキュリティ機能を標準搭載することと、パックネットが提供するバックボーンに直接接続することである。

 セキュリティ対策として、ファイアウォールやアンチウイルス、アンチスパム、侵入検知(IDS)の機能を持つUTMを導入している。別途、サーバーでもウイルス対策ソフトを動かす。一般にセキュリティ機能はオプションとして扱われることが多いが、高橋修氏(代表取締役)は「安心して利用するには必要不可欠なのだから、標準で提供することが大切だ」と話す。「過去に外部からの攻撃や侵入を受けたり、情報漏洩を経験したりするなど、セキュリティ対策の重要さが分かっている企業の利用が多い」(同)という。

10Gbpsでバックボーンと直結

 IaaSでは、4コアのXeon(2.53GHz動作)を搭載するサーバー上で七つ動かす仮想マシンをそれぞれ貸し出す。pingによる死活監視と、プロセスの停止/起動/再起動サービスを標準提供する。また、複数契約の場合はロードバランサーも無償提供する。

OSは標準でCentOS、オプションによりRed Hat Enterprise LinuxやWindows Serverも利用できる。バックボーンとは10Gビット/秒の共用回線で直結する。同社の社員寮がデータセンターの近辺にあるので、緊急時は深夜でも運用担当者が即座に駆けつける。

基本情報
●名称:エーモードデータセンター
●場所:東京都中央区
●最寄り駅:日本橋
●料金:仮想化ホスティングサービスが月額1万6000円~