PR

 本書のテーマは「ユーザー主体開発」。情報システムを利用する人が主体となって、業務改革や要件定義、設計、プログラミング、検証といった一連の開発作業を進める取り組みだ。多くのユーザー事例を基に、ユーザー主体開発の利点や成功のポイントなどを解説。システム内製の強化により、継続的なシステム改良やアジャイル開発を実現した事例も紹介する。情報システム部門の責任者などがシステム内製の考え方について語ったコラムも参考になる。

システム内製を極める

システム内製を極める
日経コンピュータ編
日経BP社発行
1785円(税込)