PR
写真1●kintoneの入力フォーム作成画面
写真1●kintoneの入力フォーム作成画面
画面左のパーツをドラッグ&ドロップで配置して作成する
[画像のクリックで拡大表示]

 ITpro EXPO AWARD 2011の大賞に輝いたのは、サイボウズが11月にリリース予定の「kintone(キントーン)」だ。企業向けの業務アプリケーション開発基盤となるPaaS(Platform as a Service)である。

 あらかじめ用意されたパーツをドラッグ&ドロップ操作で配置、プログラムを書くことなく作業依頼フォームや進捗管理システムなどのクラウドアプリが作成できる(写真1)。従来はシステム開発会社に発注していたようなアプリを、現場で作ってすぐに運用できるのが魅力だ。

ドラッグ&ドロップでクラウドアプリ開発

写真2●ユーザー同士でコメントをやり取りできるコミュニケーション機能
写真2●ユーザー同士でコメントをやり取りできるコミュニケーション機能
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●アンケートの集計結果なども、簡単にグラフ化できる
写真3●アンケートの集計結果なども、簡単にグラフ化できる
[画像のクリックで拡大表示]

 kintoneのアプリ作成手順は、(1)まず、トップページで「アプリを作成する」ボタンをクリック、(2)アプリ名を入力して「作成する」をクリックすると、フォーム作成画面(写真1)が開く。(3)フォーム作成画面の左側に並んでいるバーツを右のフォームにドラッグ&ドロップで配置する。(4)フォームを保存し、「運用を開始する」ボタンをクリックすると完成だ。

 完成したアプリは、kintoneのトップページにアイコンが表示される。全文検索機能やユーザー同士でコメントをやり取りするコミュニケーション機能(写真2)などを実装することも可能だ。アンケートの集計結果なども、簡単にグラフ化することができる(写真3)。