PR

 これまで本連載では、Internet Explorer(IE)9やOfficeといったIS12Tの主要な機能を検証してきた。今回はWindows Phoneにおけるデジタルコンテンツ活用の中心となる、Music+Videosハブを取り上げる。なお、記事作成の都合上、画面写真の一部についてはモザイク処理を施していることをご了承いただきたい。

Music+Videosハブとは?

 Music+Videosハブは、Windows Phoneの特徴的な「ハブ」の一つで、前バージョンであるWindows Phone 7から搭載されている。このハブには音楽や動画を再生したり、管理するための機能が集約されている。また、マイクロソフトのオンラインストアである「Zune Marketplace」にアクセスする機能もある。

 これらの機能を理解するために、まずはWindows PhoneとZuneの関係について簡単に説明しておこう。

 Zuneはもともと、Microsoftによる音楽プレイヤーとして発売された。AppleのiPodに対抗する位置付けの製品群で、ハードウエアのプレイヤーであるZune本体、デスクトップ用の管理ソフトウエアであるZune Software、そしてMicrosoftが運営するオンラインストアであるZune Marketplaceで構成されている。これらはそれぞれ、AppleでいうところのiPod本体、iTunes、iTunes Music Storeに対応している。

 Windows PhoneのMusic+Videosハブでは、Zuneで実現していたこれらの機能がほぼ丸ごと統合されている(図1)。

図1●Music+Videosハブにはプレイヤー機能とZune Marketplaceが統合されている
図1●Music+Videosハブにはプレイヤー機能とZune Marketplaceが統合されている
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、Zune SoftwareはWindows版しかリリースされていないが、Mac OS用にWindows Phone 7 Connectorというアプリが用意されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料