PR

 iOSを“ディズニーランド”だとすると、Androidは誰もが入ってこられる“一般の公園”――。ある企業のシステム担当者は、iOSとAndroidの違いをこう例える。

 iOSの世界は基本的にアップルの管理下にあり、アプリケーションの配布にはアップルの事前審査が必要になる。このためウイルスのような悪性のアプリケーションが出回りにくい。これがディズニーランドのように守られた環境とされる理由だ。

 これに対してAndroidの世界は、ユーザーに最大限の自由が与えられている。Android Marketは事前にアプリケーションの評価はせず、すべて事後対応となっている。Androidはソースコードも公開されており、脆弱性を突いて悪性のアプリケーションを作ることも可能だ。Androidには、このようなマルウエア感染の危険性がある(図11)。

図11●iOSと比べセキュリティ面で注意が必要なAndroid
図11●iOSと比べセキュリティ面で注意が必要なAndroid
[画像のクリックで拡大表示]

 OSのセキュリティ面も、iOSに比べると発展途上にある。デバイスの暗号化に対応したのはAndroid 3.0から。標準のAPIで対応できる法人向けの管理機能も限定的だ。企業としてAndroid端末を選ぶ際には、こうした状況にあることをまずは頭に入れておきたい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い