PR
<< その[3]へ<<

 基板上のコネクタの位置は、iPhone 4とiPhone 4Sとではかなり違うが、CDMA版iPhone 4とiPhone 4Sとでは比較的似ている。ただし、CDMA版iPhone 4はSIMカード・スロットを搭載していないため、SIMカード・スロットを持つiPhone 4Sとは基板上の部品の配置自体は異なっている。iPhone 4を改良してCDMA版iPhone 4が開発され、CDMA版iPhone 4をベースに仕様を向上させたものがiPhone 4Sだと言えそうだ。

メイン基板(背面側)の比較。左がiPhone 4、右がiPhone 4S
メイン基板(背面側)の比較。左がiPhone 4、右がiPhone 4S
[画像のクリックで拡大表示]
大型になった新型バイブレータ
大型になった新型バイブレータ
[画像のクリックで拡大表示]
内部コンポーネントを並べたところ
内部コンポーネントを並べたところ
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、分解の詳細については、日経エレクトロニクス2011年11月14日号の特集「スマホ部品で勝つ」に掲載した。併せてお読みいただければ幸いである。