PR

 ITエンジニアの皆さんの中には、現場での経験の積み重ねでソフトウエア設計のスキルを身に付けてはいても、設計の基本的な考え方を体系的に学んだことはない、という人が少なくないのではないだろうか。しかし、扱う技術や製品、開発対象となるシステムが多様かつ次々に変化している現在、普遍的に通用する設計の基礎を学んでおくことは重要である。

 本書には、目新しい最新技術や開発フレームワーク、特定の開発言語といったもののノウハウが書かれているわけではない。あくまで、ソフトウエア設計で不可欠となる普遍的な概念を解説する、という視点でまとめられている。具体的には、構造化の手法、データフローを基にした仕様化や分析の手法、モジュール化、動的な仕様の記述方法などを分かりやすく解説している。これからソフトウエア設計を学ぶというエンジニア、既に設計の経験が豊富だというエンジニアの双方に役立つ一冊だろう。

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業
飯泉 純子/大槻 繁著
翔泳社発行
2625円(税込)