PR

 第1回では「スマートフォンで利用しているSNS(複数回答)」の回答を紹介した。今回は「スマートフォンで最もよく利用するSNS(単一回答)」の結果をまず見ていく(図1)。複数回答時の結果と同様にトップは「Twitter」で37.1%。2番手、3番手は逆転したが、ほぼ同率で「mixi」「Facebook」が続く。「mixi」はフィーチャーフォンでの利用者に比べるとスマートフォンで利用する割合は低いものの、「最もよく利用するSNS」としてはFacebookを上回った。

図1●最もよく利用するSNS(単一回答)
図1●最もよく利用するSNS(単一回答)

 図1の最もよく利用するSNSをユーザーはいつから使い始めたのだろうか。各SNS加入者が増加した時期の指標となる利用開始時期を見ると、「mixi」は「3年以上前」の割合が64.6%と非常に高く、提示したSNSの中で最も古くからのユーザーを多く抱えていることが分かる(図2)。「GREE」「Twitter」は「6カ月~2年前」が半数以上を占めている。「Facebook」は最も利用開始時期が現在に近い。利用開始時期を「3カ月~1年前」と回答したユーザーが半数を占める。

図2●SNSの利用開始時期
図2●SNSの利用開始時期
[画像のクリックで拡大表示]

 図1と図2の結果を踏まえ、スマートフォン利用者の増加がここ1年で伸びたことを鑑みると、「mixi」主利用者はフィーチャーフォン時代からの継続的な利用者が多いと言える。ユーザーの“ロイヤルティ”によって支えられていると想定される。逆に最近利用を開始した人が多い「Facebook」はスマートフォンとの親和性の高さや、話題性などによって利用され始めたと言える。Facebookに加えTwitterも同様だが、これまでSNSを利用していなかった層を獲得していることがこの結果からうかがえる。