PR

 スマートフォンアプリはユーザーインタフェース(UI)が決め手。達人からUIの極意を学びましょう。またクラウドの活用で、スマホアプリは大きく広がります。キーバリュー型DBやApp Engine連携をマスターしましょう。さらに開発ツールを活用することで、初心者でもマルチプラットフォームのスマートフォンアプリを開発することが容易になってきました。冬休みにAndroidアプリ開発のスゴ技を学んで、一歩先を行く開発者になりましょう!

ユーザーインタフェースの極意

 2011年12月に開催されたイベント「スマートフォン&タブレット2011 冬」の「ユーザーインタフェース」セッションでは、UIに関する多数のヒントが詰まった講演が行われました。第一線の講師の「UI論」から極意を学びましょう。

UIの作り込みのバランスがスマホアプリの成否を分ける

スマートフォンUIの真髄はこれだ!

eコマースに見る女性向けUIの極意とは?

スマホのUIはソーシャルゲームに学べ!

スマホUI、磨くなら「ビジネス視点での判断」が欠かせない

Androidからクラウドとビッグデータ基盤を使いこなす

 クラウドサービスを使いこなし、Androidの世界を広げましょう。軽量データベースの「SQLite」、クラウドサービスのGoogle App Engineでの「Datastore」を学ぶことで、ビッグデータが掌の上に。可能性は無限に広がります。

スマホとクラウドでデータベースの「次」が見えてきた

AndroidとSQLiteで作るカレー店データベース

カレー店データベースを完成させよう

GoogleのDatastoreでキーバリュー型DBを体験する

AndroidアプリとApp Engineアプリの連携