PR
ジャンル ビジネス
アプリ名 ボリューム コントロール プラス
作者 Coffeebreak Apps
料金 無料
ダウンロード先
ちょっと懐かしいアナログ風のダイヤルで音量を調整できる「ダイヤル」の表示。「通常」「マナー」「サイレント」の各モードに登録した音量設定をワンタッチで呼び出せる

 週末に映画館とかコンサートに行って、「マナーモードに設定してください」というアナウンスに従う。そしてその後の平日、仕事中に大切な電話がかかってきたのに、気づかなくて痛い目に遭う。まあ、ここまで典型的なミスはなかったとしても、携帯電話からスマートフォンの時代に移り変わった今も呼び出し音量やバイブは変わらず問題のタネになり続けている。鳴って欲しくないときに限って鳴り出すという「マーフィーの法則」(古い?)的な経験を持っている人もいるだろう。

 呼んで欲しい時だけ正しく呼び出し、電話がかかってはこまるときは静かにしていてもらう。これがケータイやスマートフォンへの願いだ。しかし、某キャリアのCMではないので、スマートフォンはインテリジェンスをもった男女の仮の姿であるわけはない。そこで、「ボリューム コントロール プラス」に登場を願う。着信音などのサウンドやバイブの振動を、まとめてコントロールできるアプリだ。

 アプリでは、音楽プレーヤーなどの「メディア」、通話の「着信」、メール着信などの「通知」、通話音量の「通話」、さらに「アラーム」、「システム」の計6種類の音量を設定できる。通常、マナー、サイレントの各モードに自由に設定した音量とバイブのパターンを、ワンタッチで切り替えられるのだ。ウィジェットを使えば、ホーム画面でいつでも状況が把握できる。これなら、着信音が鳴らずに大事な電話に出られなかったという泣きたい状況とおさらばできそうだ。