PR

 日本でのIFRS(国際会計基準)強制適用は事実上の延期となった。2012年も適用方針は不透明な状況が続く。そのなかで日本企業はIFRSをどのように捉え、対応していくのか。日経コンピュータはITpro会員の約4000人を対象に意識・動向調査を実施。「『適用延期は妥当』は66%」「6割が対応プロジェクトを継続」「連結会計の仕組みから整備」といった実態が明らかになった。調査結果の詳細をお届けする。

目次