PR

 一連の訴訟の起点となった米国での訴訟を例に、両社の争いを詳しく見ていこう。

「特許もデザインも」と主張

図●デザイン特許や商標の侵害も訴えた
図●デザイン特許や商標の侵害も訴えた
Apple社は米国の訴訟において、デザイン特許7件、商標8件、そして「iPhone」および「iPad」のトレード・ドレスの侵害を訴えた。デザイン特許の多くは2007年前後に出願している。商標は2010年4月に出願したものがほとんどだ。図中の画像は公報から抜粋した。
[画像のクリックで拡大表示]
 Apple社は今回、4種類の知的財産権の侵害を訴えている。具体的には、ユーティリティー特許(日本の特許権に相当。以下、特許)を8件、デザイン特許(日本の意匠権に相当)を7件、トレードマーク(日本の商標権に相当。以下、商標)を8件、そしてiPhoneおよびiPadのトレード・ドレスを挙げ、それらをSamsung社が侵害したと主張している(注1)

 デザイン特許については、アイコンをタイル状に並べて表示するメニュー画面に関する3件と、携帯型コンピュータの筐体デザインに関する4件を挙げている。2007~2008年に出願したものが多い。

 商標については、iPhoneやiPadなどで利用している「電話」「設定」「連絡先」といったアプリケーション・ソフトウエアのアイコン7件と、パソコン用のメディア管理ソフトウエア「iTunes」で利用しているアイコン1件について、Samsung社が酷似したものを利用したと主張している。さらにトレード・ドレスについては、Galaxy SやGalaxy Tabのパッケージ・デザインがApple社のものと似ており、iPhoneやiPadのブランドを毀損していると主張する。

タッチ・パネル分野中心に争う

 Apple社がSamsung社による侵害を訴えた特許は、Apple社の得意分野に集中している。筆頭技術分野を「タッチ・パネル」(USPCの345/173)とするものが4件、GUIなどの操作用インタフェースに関係するものが4件である。こちらも2007~2008年に出願したものが多い。

 独自の特許分析ツールを手掛けるパテント・リザルトの評価では、「タッチ・スクリーン・ディスプレイ上でのリストのスクローリングとドキュメントの移動・スケーリング・回転」(米国特許番号:7,469,381)と題した特許が群を抜いて高い評価を得ている注2)。この特許は、タッチ・パネル搭載型ディスプレイで一方向にスクロールするようにリストやドキュメントを表示し、ユーザーが終端を越えてスクロールすると、手を離した後に本来の終端まで引っ張られるように戻る表示の仕方を示したものである。

 この他にもApple社は、「構造的な電子ドキュメントを表示するための携帯型電子機器、方法、GUI」(米国特許番号:7,864,163)や「複数点タッチスクリーン」(同:7,663,607)、「スクロール処理のためのAPI」(同:7,844,915)といった、評価が高い特許を並べている。

引かないSamsung社

 Samsung社は、Apple社の提訴に対して一歩も引かずに争う。Apple社による訴えの内容を否定するとともに、自社の特許をApple社がiPhoneやiPadなどで侵害したと反訴した。「最初は落としどころを探ったりせずに、全力でぶつかるのが米国流のやり方だ。既にSamsung社には、それが染み付いているのだろう」(米国の知的財産権事情に詳しい弁護士)。

 Samsung社がApple社による侵害を訴えたのは、12件の特許である。USPCの大分類のレベルでは「電気通信」「多重通信」「エラー検知」「暗号化」「テレビジョン」といった多様な分野にわたる。出願時期も1998~2007年の間で散らばっている。通信系の技術が中心ではあるが、特定の分野にこだわることなく、あらゆる特許を挙げた。

 パテントスコアが比較的高いのは、「送信/受信のための携帯型の複合的な通信端末およびそのイメージ、操作方法、通信システム」(特許番号:7,577,460)と「携帯型端末におけるマルチタスキングの装置および方法」(同:7,698,711)の二つである。どちらも、Samsung社が2011年6月に提出した修正版の訴状において追加したものだ。