PR

 Windows Azure Platformのデータベースサービスである「SQL Azure」について価格の改定が発表されました。100Mバイトという小規模データのプランが追加されると同時に、1Gバイト以上の利用について値下げとなるなど、大幅な料金引き下げとなっています。また、Azureを使った場合の投資効果調査やAndroid向けツールキットが公開されたほか、Marketplaceで日本語が利用可能になっています。

SQL Azureの価格を改定、大幅値下げを実施

[画像のクリックで拡大表示]

 2012年2月15日、SQL Azureの価格改定が発表されました。100Mバイトまでの利用プランが追加され、また1Gバイト以上の利用に際して45~75%の大幅な価格引き下げが実施されています(表1)。この改定はユーザーからのフィードバックを受け、100Mバイトまでの試用が行えること、SQL Azure 2011 Q4 Updateで実施された150Gバイトまでのデータベースサイズ拡張(関連記事)により、大規模での利用が進んでいることに対応したものです。

表1●SQL Azrueの新価格
データ量価格
0~100MB437.05円(定額)
100MB超~1GB873.23円(定額)
1GB超~10GB873.23(最初の1GB)+1GBごとに379.64円
10GB超~50GB4019.99円(最初の 10 GB)+1GBごとに174.82円
50GB~150GB1万1012.79円(最初の50GB)+1GBごとに87.41円

 改定前の旧価格と改訂後の新価格を比較すると表2のようになり、大幅な値下げになっていることがわかります。

表2●改定後と改定前の価格の比較(*50GB以上の旧価格は2011年12月からのキャンペーン価格)
データ量新価格旧価格値下げ率
100MB437.05円873.23円50%
1GB873.23円873.23円変わらず
5GB2391.79円4369.63円45%
10GB4019.99円8740.13円54%
25GB6642.29円21850.43円70%
50GB1万1012.79円4万3700.63円(*)75%
100GB1万5383.29円4万3700.63円(*)65%
150GB1万9753.794万3700.63円(*)55%

●関連情報
Windows Azure Webサイトのデータベース料金の詳細

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い