PR
ジャンル ビジネス
アプリ名 漢字Check
作者 Kakeru Project
料金 無料
ダウンロード先
画数の多い漢字だって、ほらこの通り。画面いっぱいに表示されるから、一画一画まで詳細にわかるというもの。これで書き損じなし

 最近は、ビジネス文書のほとんどをパソコンで作成するし、プライベートの連絡でもスマートフォンの画面に指を滑らせたりして書いてしまう。ペーパーレス化社会に貢献しているとも言えるのだが、1つ困ったことがある。文字が、それも漢字が書けなくなってきていることだ。もちろん、読めるんですよ。だからパソコンやスマホで立派そうな文章を作ったりはできる。しかし手書きとなると、てきめんに文字が思い出せないのだ。

 手書きで文字を書かなければならないとき、それが自宅やオフィスならばパソコンが立ち上がっているかもしれない。パソコンで打って、確認すれば一件落着。ところが、出先で書類を書いているときや、自宅でも別の部屋のパソコンを起動するまではしたくないときもある。そんなときには、携帯電話やスマホのメール作成画面などに文字を打ってみて、辞書代わりに使う。そして、老眼の域に差し掛かりつつある人にとっては「字が小さい」ことに困惑する。画数が多い文字は省略されたフォントになっていて、横線が何本かなどが拡大した果てでもわからないことがある。

 そこで、我らが「漢字Check」の登場だ。機能は「漢字をデカくして見る」、その1点に尽きる。画面いっぱいに拡大された漢字は、多くの人に安心感を与えるだろう。これなら、メガネをかけ替えたりしなくても、一画ごとの線までしっかり見える。そして、目上の方へ手紙を手書きでしたためなければならないようなときにも、間違いのない漢字が書ける。とはいっても、Androidアプリは自分の悪筆まで修正してはくれません。漢字は正しくても、恥ずかしくない文字を描くには、書き手の努力が必要なのだった。