PR

KDDIがついに「3M戦略」の具体像を見せた。3M戦略は、田中孝司社長が就任直後に表明し、掲げてきた事業戦略だ。2012年1月16日に新サービス発表会を開催。3M戦略の第1弾として、FTTHやCATVなど指定の固定通信サービスを組み合わせて契約することで、auスマートフォンの利用料金を割り引く新サービスを打ち出した。

写真1●KDDIの田中孝司代表取締役社長
写真1●KDDIの田中孝司代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「3M戦略は通信市場のビジネスチェンジャーになる」---。田中社長は発表会でこう宣言した(写真1)。

 マルチユース、マルチネットワーク、マルチデバイスを意味する3M戦略の第1弾としてKDDIは、「auスマートパス」「auスマートバリュー」などを発表した。auスマートパスは、コンシューマーを対象に、500本以上のアプリが月額390円でダウンロードし放題になるサービスなど複数のメニューで構成するサービス。auスマートバリューは、FTTHおよびCATVなど指定の固定通信サービスと組み合わせて利用することで、auスマートフォンの利用料金を最大で月額1480円割り引くサービスだ。同社はこれらのサービスとその認証基盤となる「au ID」を合わせて、「スマートパスポート」と呼んでいる(図1)。

図1●「通信市場をゲームチェンジする」とするKDDI 3M戦略第1弾の「スマートパスポート」<br>これまでのモバイル中心のビジネスからFMC(Fixed Mobile Convergence)による収益拡大を目指し、通信サービスを再構築した形だ。
図1●「通信市場をゲームチェンジする」とするKDDI 3M戦略第1弾の「スマートパスポート」
これまでのモバイル中心のビジネスからFMC(Fixed Mobile Convergence)による収益拡大を目指し、通信サービスを再構築した形だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 料金割引という、ユーザーにとってメリットの高いサービスだが、冒頭の田中社長の言葉通り、同社が狙うのはビジネスモデルの変革である。モバイル回線の獲得に偏重していたモデルを改め、FMC(Fixed Mobile Convergence)型モデルへの移行を目指す。

法人向け3M戦略第1弾は中小向け

 コンシューマー向けに続けて、2012年1月末には法人向け3M戦略の第1弾サービスも発表した。クラウドサービス、同社の法人向けFTTHサービスなどをセットで利用することで、スマートフォンの月額料金を最大月額1480円割り引くサービスだ(図2)。ターゲットは主に、従業員数10~300人の中小企業。提供開始は4月1日で、固定回線1契約につき最大でスマートフォン50台までが割引対象となる。

図2●法人向け3M戦略の第1弾は中小企業向けのパッケージメニュー<br>スマートフォンの導入に不安を感じる中小企業に対して、利用シーンやコストの面でメリットのあるパッケージを用意。料金体型やサービスの大枠はコンシューマー向け3M戦略「スマートパスポート」に合わせているようだ。
図2●法人向け3M戦略の第1弾は中小企業向けのパッケージメニュー
スマートフォンの導入に不安を感じる中小企業に対して、利用シーンやコストの面でメリットのあるパッケージを用意。料金体型やサービスの大枠はコンシューマー向け3M戦略「スマートパスポート」に合わせているようだ。
[画像のクリックで拡大表示]