PR

 パブリック型、プライベート型に続く第3のクラウドの普及が始まった。同じ業種の企業が業務システムなどを共用する「コミュニティークラウド」である。コスト削減はもちろん、協業による事業強化につなげるのが狙いだ。

目次