PR

 横浜エフエム放送(FMヨコハマ)、ソフトバンク クリエイティブおよびオリックスの3社は2012年3月7日、「音声メディアの新たな挑戦」として、デジタルサイネージを活用したメディア化事業を開始すると発表した。

 具体的には、最新型のタッチパネル式デジタルサイネージを用いた観光客向け情報配信サービスと、ラジオ番組の配信を組み合わせた新たな形態によるメディア化事業を2012年に4月1日開始する。まず、FMヨコハマの本社にデジタルサイネージを設置する。そのあとの展開として、みなとみらい地区を中心に横浜市内500カ所への設置を目指す。

 今回導入するデジタルサイネージは、タッチ操作で誰でも簡単に情報収集ができ、情報発信機能だけではなく、相互にコミュニケーションを取れる点が特長という。基本コンテンツとして、横浜の名所の数々を映像で紹介する観光情報や名所情報が分かりやすく表示された横浜周辺地図、名所にちなんだフレームで記念撮影ができるカメラ機能など、「横浜の街と人の魅力を伝えるさまざまなコンテンツを配信する」という。また、海外からの旅行客に対応するため、英語や中国語、韓国語など複数言語への切り替えにも対応する。
 

 FMヨコハマが独自で開発するコンテンツでは、レポーターがおすすめする「テーマ別横浜お散歩ルート」や、地元放送局ならではのニュースやホットなトピックスなどを提供する。また、4月スタートの新番組「ハマラボ」との完全コラボレーションで「横浜の知られざる魅力を発信する」という。今後は、災害発生時にFMヨコハマの番組が常時聴けるような臨時対応を可能にし、ツイッターなどのリアルタイムな情報も配信できるような仕組みを構築することを予定する。

 さらに、地図上に周辺の飲食店や小売店、地元企業の情報を表示し、加えて広告やクーポンなども掲載することができ、地域の活性化にも役立てることができるという。