PR

 2011年3月に入って、Windows Azureの利用料金について値下げが発表されました。対象となるのはWindows Azureストレージとコンピューティング(XSインスタンス)です。それ以外に、SQL Azureサーバーをサブスクリプション間で移動可能にする新機能や、マルウエア対策機能のCTP版などが公開されています。

AzureストレージとコンピューティングXSインスタンスを値下げ

[画像のクリックで拡大表示]

 2011年3月8日、Windows Azureストレージとコンピューティング(XSインスタンス)について、新価格が発表されました。いずれも値下げとなっています。

 Windows Azureストレージは、従量課金で10.93円/Gバイトとなり、6カ月プランでも同様の値下げとなっています。また、Windows AzureコンピューティングのXSインスタンスは従量課金で1.75円/時間となり、Sインスタンス換算で3分の1から6分の1へと、半額に値下げされました。これに合わせて、3カ月間無料評価版やMSDNサブスクライバー向けプランで利用できるXSインスタンスも2倍になります(Sインスタンス×1=XSインスタンス×3から×6に)。

●関連情報
Windows Azure料金の詳細
Announcing Reduced Pricing on Windows Azure Storage and Compute](Windows Azureチームのブログ)

SQL Azureが異なるサブスクリプション間で移動可能に

[画像のクリックで拡大表示]

 2011年3月7日、異なるサブスクリプション間でSQL Azureサーバーが容易に移動できるようになりました。これは、Windows Azure管理ポータルから操作できます。

 無料評価版やMSDNプランで利用していたSQL Azureサーバーをそのまま他のサブスクリプションに移行したり、SQL Azureサーバーの費用を特定のサブスクリプションに集約/分散することが可能になります。

 オンプレミスのSQL ServerからSQL Azureへの移行、SQL Azureのバックアップ・同期を目的としたツールとして、「SQL Server Migration Assistant」や「SQL Azureインポート/エクスポート機能」、「SQL Azure Data Sync」などが用意されています。

●関連情報
Moving SQL Azure Servers Between Subscriptions](Windows Azureチームのブログ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い