PR
写真●「リーン・スタートアップ」の著者エリック・リース氏
写真●「リーン・スタートアップ」の著者エリック・リース氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「リーン・スタートアップ」と呼ぶ事業化手法に注目が集まっている。短期間で仮説の検証とピボット(小さな方向転換)を繰り返し、繰り返しが可能なビジネスモデルを発見するプロセスだ。このほど初来日した、書籍「リーン・スタートアップ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす」の著者エリック・リース氏は、この手法は大企業内の事業化プロセスにも適用可能と指摘する。アイデアをすぐに小さい段階で実践し、ユーザーからの声で方向転換し成功したグーグル、ピクサー、スターバックスなどの事例は、書籍「小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密」でも見ることができる。

 リース氏の来日にともない行われたイベントと、盛り上がる「リーン・スタートアップ」による起業の熱気を紹介する。

「リーン・スタートアップ」の著者エリック・リース氏が初来日

エリック・リース氏が初来日講演、クラウド時代の課題は「何を作るか」

アマゾンが「クラウド×リーン・スタートアップ」イベント、ピッチ大会も

「リーン」を推進するアマゾン、日本発のグローバル活動を積極支援

スマホアプリで週末起業

スマホアプリで本当に週末起業できるのか?

小さく賭けろ!

フェイスブックの「小さな賭け」、大企業がやりがちな「大きな賭け」

起業の成功率を上げる「Lean」の教え

方法論が確立、 起業は“アート”から“科学”に

「Lean Startup」理論を実践するクックパッド、補完ツールも作成

シリコンバレーでは「失敗=Great!」---スタートアップの先生、ブランク氏

もっと良く知る「スタートアップの科学」

PC1台で世界を目指すベンチャー新潮流

[トレンド]起業の新ルールは「PC1台+3カ月+1万ドル」

[日米比較]起業初期の環境が充実する日本、課題は「出口」

[ケース1]「世界を狙うならシリコンバレー」- AppGrooves

[ケース2]「成長市場を狙え、次はアジア」 - ノボット

シリコンバレーに学ぶ“興す力”

今こそ! シリコンバレーに学ぶ“興す力”