PR

 常に持ち歩く機器であるスマートフォン。ちょっとした仕事の合間に、メールやネット検索、さらにはゲーム、SNSといったプライベートなこともできてしまう。業務中のスマートフォンのプライベート利用については、企業によっては規定や制約があり、利用が制限されている。一体どの程度の企業に規定があり、どの程度の人が業務中にプライベート利用をしているのだろうか。今回はそんな就業時のプライベートでのスマートフォン事情を見ていく。

調査概要就業中・合間のスマートフォンのプライベート利用について
主催モバイルマーケティング・ジャパン、ネットマイル
対象ユーザー「スマホリサーチ」パネル(共通ポイントプログラム「ネットマイル」会員約450万人の中から抽出したスマートフォンユーザー)
調査期間2012年4月1日~4月6日
方式インターネット調査(回答はすべてスマートフォンから得たもの)
有効回答数1545

 なお今回のアンケートもスマートフォンユーザーのみが回答しているが、アンケートでは「スマートフォン(携帯電話)」との文言を使っている。企業によっては個人所有の携帯電話に対する規定がスマートフォンにそのまま適用されるからである。

仕事中でも大半のユーザーが「メールやネット検索程度はする」

 「仕事中や仕事の合間に、スマートフォンを使ってプライベートでしていること」を聞いた結果が図1だ。最も多かったのは「メール」で77.0%。次いで「ネットの閲覧」が63.0%、「通話」が43.0%と続いた。また、エンターテインメント性の強い「ゲーム」や「音楽を聴く」も3割近くにのぼり、仕事中でも、意外にスマートフォンをプライベートな用途に利用している人が少なくないことが分かった。

図1●仕事中/合間にプライベートでしていること(N=1545)>
</div>
<div class=図1●仕事中/合間にプライベートでしていること(N=1545)