PR

 Azure上のサービスも管理できるようになった「Microsoft System Center 2012」が正式にリリースされました。これまでの管理対象だったオンプレミスとAzureをシームレスで管理できるようになります。そのほかに、AzureでBingを利用するAPIも公開されたほか、Windows Azureの最新情報を紹介するイベント「Meet Windows Azure」と「Go Azure」の開催も発表されています。

ハイブリッドクラウドを管理するSystem Center 2012が正式リリース

[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトのIT管理向けの製品である「Microsoft System Center 2012」が、Microsoft Intune次期バージョンの発表と同様にMicrosoft Management Summit 2012で正式リリースとなりました。

 System Center 2012は、オンプレミスのサーバーやアプリケーションだけでなく、パブリッククラウドであるWindows Azureやプライベートクラウドまでを管理対象とした、企業のITシステム全体の運営・管理する製品ファミリーです。クラウド活用の視点から見ると、オンプレミスとクラウドのサーバーおよびサービスを一元的に管理できます。また、プライベートとパブリック、クラウドの配置先も意識せずに利用でます。

 例えば、サーバー、サービスの監視と管理を行うSystem Center Operations Manager(SCOM)からWindows Azureアプリケーションの監視、パフォーマンスの確認などが可能になっています。また、System Center App Controllerは、System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)で構成・管理している仮想環境(プライベートクラウド)と Windows Azure(パブリッククラウド) を同様に管理でき、アプリケーションを直接デプロイすることも可能です。

●関連情報
Microsoft System Center 2012 Webサイト
System Cehter 2012評価版ダウンロード
System Center 2012 - Operations Manager](TechNet Library)
System Center 2012 - App Controller](TechNet Library)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い