PR

料金はどうなっているの?

 スマートフォンの料金体系自体は、携帯電話と同じ。基本料とプロバイダー接続料、パケット通信料から成る(図1)。

図1●違いはパケット通信料の上限額
図1●違いはパケット通信料の上限額
NTTドコモで携帯電話とスマートフォンを利用した場合の料金例(ユニバーサルサービス料などは除く)。スマートフォンの料金体系は携帯電話とほぼ同じだ。ただし、パケット通信利用時の上限が1500円ほど高くなる。

 料金の差が生じるのは、パケット通信料の部分。携帯電話ではパケット使用量に応じた2段階の定額プランが一般的だが、スマートフォンの大半は完全定額制も選べる(図2)。NTTドコモの定額プランを例にすると、料金上限は携帯電話が4410円なのに対し、スマートフォンが2段階定額制で5985円、完全定額制で5460円。携帯電話より引き上げられている。パケット通信料の傾向は、他の通信事業者でもほぼ同じである。

図2●パケット定額プランは主に2種類
図2●パケット定額プランは主に2種類
パケット定額プランは、月々の金額が一定の完全定額制と、利用量に応じて変化する2段階定額制がある(左の図はNTTドコモが提供するパケット定額プランの料金例)。

 なお、ソフトバンクモバイルが販売するiPhoneでは、パケット通信料上限が4410円と携帯電話並みに抑えられている。

端末購入時の実質負担額とは?

 通信事業者は、2年契約などを条件に月々の利用料から一定額を2年間割り引くサービスを展開している。スマートフォンの相場は5万円から6万円とやや高額に見えるため、販売業者などは端末購入にかかる支払総額から、通信事業者が割り引いた総額を“実質負担額”としている。端末購入代金の支払い方法は、一括と分割が選べるが、トータルの支払額には差がないことが多い(図3)。

図3●トータルで見れば支払額は一緒
図3●トータルで見れば支払額は一緒
各通信事業者は2年間の契約などを条件に毎月の料金から一定額を差し引くサービスを用意している。図では端末価格4万8000円、毎月の割引額1500円の計算例を示した。端末購入代金からこの割引総額を差し引いた額が実質負担金として提示される。