PR

問題

問80 製造物責任法の対象となる制御用ソフトウェアの不具合はどれか。ここで、制御用ソフトウェアはエレベータの制御装置に組み込まれているものとする。

ア エレベータの待ち時間が長くなる原因となった不具合
イ エレベータの可動部分の交換を早める原因となった不具合
ウ エレベータメーカの出荷作業の遅延の原因となった不具合
エ 人的被害が出たエレベータ事故の原因となった不具合

解説と解答

 製造物責任法は、製品の欠陥によって生命、身体又は財産に損害を被ったことを証明した場合に、被害者が製造会社などに対して損害賠償を求めることができる法律です。「PL法」という名称でも知られます。

 選択肢の中では、エの「人的被害が出たエレベータ事故の原因となった不具合」が対象となります。

よって、正解はエです。

鈴木 啓一郎(すずき・けいいちろう)
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修や各種ベンダー試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験などの対策研修も手がけている。ITストラテジスト、システム監査技術者などの資格を所持。