PR

 トヨタ自動車は、Ethernetをベースにした新しい車載LANインタフェース規格の策定に動き出した。ルネサス エレクトロニクスや米Broadcom社と組み、国際標準化に向けた活動も始めている。同規格に興味を示すドイツBMW社や米General Motors(GM)社などとも、今後協調していきたいとする。

図1 車載LANインタフェース規格には、CANやFelxRayなど幾つかある。この中で、トヨタ自動車などが提案する車載Ethernetは、制御系システムと情報系システムの両方を包含する規格として位置付けられる。データ伝送速度は未定なので、上図では予想値を表示した。
[画像のクリックで拡大表示]

 車載LANインタフェース規格にはボディ系や制御系、情報系といった適用するシステムに応じて、データ伝送速度の異なるCAN、LIN、FlexRay、MOST、1394 Automotiveなどがあり、多くが実用化されている。この中で、今回の「車載Ethernet」は制御系と情報系の両方をカバーする(図1)。トヨタ自動車は早期実用化を狙っており、「特に情報系については、ある車種への採用に向けて、量産部門との擦り合わせを開始した」(同社)という。

標準化を念頭に仲間づくり

 トヨタ自動車がEthernetの採用を検討し始めたのは2007~2008年。同社は2004年に車載LANインタフェース規格の標準化などを目指す団体「JASPAR」を設立し、国内の自動車メーカーや部品メーカーなどとFlexRayの機能向上などに向けて取り組んできた実績がある。これに対し、車載Ethernetについては「当時、どのメーカーも注目していなかったため、自社だけで検討を始めた」(トヨタ自動車)という。

図2 トヨタ自動車はルネサス エレクトロニクス、Broadcom社と連携し、車載Ethernetの国際標準化を狙う。
[画像のクリックで拡大表示]

 こうしたトヨタ自動車の動きとは別に、米Cisco Systems社や米Intel社らは自動車などへのEthernetの適用を狙う団体「AVnu Alliance」を2009年に設立した。高品質のオーディオ・ビジュアル環境を家庭や自動車内で構築するために、Ethernetの採用を推進する。具体的には、IEEE802委員会で規格化されたEthernet標準技術「IEEE802.1 Audio/Video Bridging(AVB)」(以下、Ethernet AVB)などを使い,高品質の音声や動画データを取り扱う枠組みを作る。

 「我々と同じようなことをやろうとしている。無視できない」と判断したトヨタ自動車は、AVnu Allianceの主要メンバーであるBroadcom社に声を掛け、2010年に手を組んだ。さらに、国内では旧NECエレクトロニクス(現ルネサス エレクトロニクス)とも連携し、国際標準化に向けて3社協調体制を取った(図2)。ルネサス エレクトロニクスは2011年6月、AVnu Allianceへの加盟も果たしている。