PR

 東日本大震災のような広域災害へのBCP(事業継続計画)対策として、クラウドがいかに有効かを解説する。企業が自前で全てのIT資産を持つことは、広域災害で全ての業務が停止するなどの重大なリスクを抱えている状態だと著者は指摘。そのうえで、IT資産ごとにクラウド化の難易度やリスクを評価しながら、クラウドの導入に向けて動き出すべきだと訴える。

PlanB

危機管理型クラウド
戸村 智憲著
税務経理協会発行
1890円(税込)