PR

 本調査では、IT業界で代表的な四つの職種について、志望職種別ランキングも作成した(図1)。該当する職種を志望する割合が高い順にランク付けしている。上位の企業ほど、その職種でのブランディングができていると考えることができる。

 「システムエンジニア/プログラマ」で1位の富士通システムズ・イーストや、「経営・業務コンサルタント」で1位のアビームコンサルティングは、前回のランク外から飛び込んできた。富士通システムズ・イーストは、富士通が採用活動を支援し、強みの開発分野などを訴求したことが功を奏したようだ。

図1●志望職種別のランキング
総合ランキング50位以内の企業を対象に算出。例えば、システムエンジニア/プログラマ分野で1位の富士通システムズ・イーストの場合、同社を志望する81.0%がシステムエンジニア/プログラマを希望している
図1●志望職種別のランキング。総合ランキング50位以内の企業を対象に算出。例えば、システムエンジニア/プログラマ分野で1位の富士通システムズ・イーストの場合、同社を志望する81.0%がシステムエンジニア/プログラマを希望している
[画像のクリックで拡大表示]

 「セールスエンジニア」の首位は、昨年のぐるなびからリコージャパンに交代。「プロジェクトマネジャー」はディー・エヌ・エー(DeNA)から三菱総合研究所に1位が交代した。システムを企画・開発して販売するという、典型的なITサービスの仕事をイメージして会社選びをしている学生が増えているとみられる。