PR

その2から続く)

 液晶パネルやタッチ・パネル、前面カメラとメイン基板を接続するコネクタの上には、薄い金属のカバーがねじで固定されていた。この部分に限らず、iPhone 5のコネクタは金属カバーで覆われていることが多かった。電磁雑音対策には相当気を使っているようだ。

前面パネルを開けたところ。(写真:中村宏)
前面パネルを開けたところ。(写真:中村宏)
[画像のクリックで拡大表示]

 前面パネルを取り外すと、細長い電池をL字型のメイン基板が覆いかぶさるように位置していた。iPhoneではおなじみの構成である。ただし、左右の配置は逆である。従来のiPhone 4/4Sでは裏蓋を外していたのに対し、iPhone 5では前面パネルを取り外す構造であるためだ。

 2次電池とメイン基板を接続するコネクタの上にも金属カバーがねじ留めされていた。このカバーを外し、メイン基板を留めているねじを外して、まずメイン基板を取り出す。